運用力

Windowsサーバ構築・運用・保守

安全で有用な社内サーバをシンプル設計

 社内サーバの構築は業務の基盤となる部分で、安全性と効率性を求められます。

 この点に関して、Windows Serverは安全性と効率性のバランスがとれており、操作性に優れていることから運用性にも長けているといえます。
 社内サーバに複雑な設計は必要ありません。多大な構築を行った後に不安定な状態が続く、構築した外注先以外に社内で理解できる人がいないということがない、効率性の高い有用な構築を行います。


case1:大手総合広告会社・社内サーバ構築

社内サーバ・クライアントPCの導入。Windows server採用。
新PCから旧PCにリモートデスクトップで利用できるよう設定。

case2:保険代理店・社内サーバ構築

社内サーバの導入。Windows server採用。
個人情報をセキュアに管理、保険業務システムの稼働。
運用保守の担当。定期バックアップ、確認作業を行う。

case3:冠婚葬祭商品取扱会社・社内サーバ構築

社内サーバ・クライアントPCの導入。Windows server採用。
離れた拠点間をつなぎ一括管理する。
業務システム用サーバを同時に運用管理。

case4:法律事務所・社内サーバ構築

⇒ 詳しくはこちら